10日間子宮筋腫改善プログラム

子宮筋腫を改善して健康で輝く女性に生まれ変わるために

  



ホリスティック栄養学に基づいた基本原則


子宮筋腫が大きくなって、ホルモン療法をしようか、手術をしようかと迷ってはいませんか?

多分、大きくなりすぎた子宮筋腫を小さくして、辛さから逃れようと、いろいろ試してきたことでしょう。

ドラッグストアーで痛み止めの薬を買って飲んでみたり、玄米菜食にしてみたりしたことでしょうね。

病院で、「もう少し大きくなるまで様子を見ましょう」と言われて、その他に何の指導も受けず、毎月ひどくなっている生理や、造血剤を飲んでも改善されない貧血に悩んでいることでしょう。

もし、ここに「最新の栄養学、ホリスティック栄養学に基づいた基本原則で、子宮を手術で取ってしまった方が楽では、と、思うほどひどい子宮筋腫のいろいろな症状が、大幅に改善できる14日間のプログラムがあるとしたら・・・・

あなたも試してみたいと思いませんか?

>>>10日間 子宮筋腫改善プログラム

4人に1人に子宮筋腫がある


今から40年くらい前までは、生理痛や子宮筋腫で悩む人はほとんどいなかったのです。

乳ガンも子宮ガンもほとんどありませんでした。

それがどうして、こんなに生理痛、子宮筋腫 乳ガン、子宮ガンなどが増えてきたのでしょうか?

それには、食生活の変化が大きく影響しています。

また、ストレスなど考え方やこころのあり方も影響しています。

これらの影響でホルモンバランスが崩れ、生理痛、子宮筋腫 乳ガン、子宮ガンなどが増えてきているのです。

でも、ほとんどの女性は生理痛を気にしていません。

「生理痛はないのが普通ですよ」と言いますと、「エー、ウソ、生理痛があるのは普通でしょ。お母さんも生理痛があったって言います」という答えが返ってきます。

ですから、初潮の時に生理用品と痛み止目の薬を買い与える母親もいるのです。

「生理の何日か痛みをがまんするか、痛み止目の薬を飲めば大丈夫」
とほとんどの女性が思っています。


なぜホルモンの影響が知られていないのか?


ホルモンと聞くと、

「なんだかよくわからない」
「自分ではどうにもできない」
「病院に頼るしかない」

ほとんどの人はそう思います。

それは当然です。

学校でも病院でもホルモンについてはお教えてくれないのですから。

でも、大丈夫、あなたは貧血になったらどうしますか?

ホウレンソウを食べる?レバーを食べる?造血剤を飲む?

その通りです。

血液は食べ物で出来ていると、あなたは知っているからです。

私たちの体の中の物は、すべて私たちが飲んだり食べたりしたもので出来ているのです。

ホルモンも同じです。

しかし、病院では医師は、「ホルモンと食べ物とは、あまり関係がない」と言います。

そうして、痛み止めの薬や、ホルモン療法、手術を勧めます。

これは、残念ですが、ホルモンに対する日本の医療が遅れているためです。


あなたの体も心も驚くほど変わります!


「子宮筋腫は自分ではどうしようもない、病院に頼るしかない」

そういう思い込みをほとんどの人が持っています。

それはホルモンについて知らないためにそう思っているのです。

ホルモンは体や心の働きの一部です。

あなたの体や心の働きはあなた自身がコントロール出来るのです。

あなたがホルモンについて、少し知識を持てば、あなたの子宮筋腫はあなた自身で解消できます。

このプログラムは、

「簡単なホルモンの知識」
「あなた自身で」
「早くて3日遅くても10日で改善がはじまる」
「高額なお金は使わない」
「薬や合成ホルモンに頼らない」
「副作用が全くない」
「健康になる」

という点で、一般に行われている対処方法とは全く違うプログラムです。

あなたも今すぐに子宮筋腫の苦しみから解放されませんか?

>>>10日間 子宮筋腫改善プログラム

Copyright (C) 2011 All Rights Reserved.

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。